水彩画を描く 超!初級編

f:id:yuzublog417:20200906233309j:plain

 

こんにちは。ゆずです。

 

前回は、水彩画を始めるために必要な道具をご紹介しました。

 

 

そこで今回は、その道具を使って実際に水彩画を描いてみたいと思います。

テーマはこちら。

 

初めて描いた水彩画を、

本のしおりにしてみよう!

 

初めての方にも楽しめる内容になっておりますので、よろしければ一緒に描いてみてください。

 

 

水彩画を描く

 

実際に描いてみるとわかることなのですが、初めから上手に描くことってなかなか難しいですよね。

絵具は水の上で予測不能な動きをします。

なのでまずは、透明水彩に慣れることから始めましょう。

 

幸いにも、水彩画はなんとなく描いても結構それっぽくなる!

そんな水彩画の良い点を活かして、水と絵具の動き方を体感しながら、作品を仕上げていきましょう。

 

 

 

道具を用意する

 

まずは道具を一式用意します。

f:id:yuzublog417:20200907200316j:plain

即席手書きで、見づらくてすみません(;^_^A

マスキングテープの7.5mm幅と5mm幅はなくても大丈夫ですが、何かと使うのであると便利ですよ~。

 

追記:キッチンペーパーとハサミも必要です!

  

今回使った絵具の色見本はこちらです。

f:id:yuzublog417:20200906235852j:plain

ホルベイン18色セットに含まれている色をベースに、個人的に欲しい色を足しました。

(黄色は自前の絵具に18色セットと同じものが無く、あるもので代用しています。ごめんなさい・・・)

 

足したのは、ホルベインの「W013オペラ」「W077リーフグリーン」「W038パーマネントイエローオレンジ」です。

 

絵具は全く同じものでなくても大丈夫です。

お手元にあるものを好きなように使っていただいて構いません。

 

それでは、作業工程に進みましょう。

 

 

マスキングテープを貼る

 

まず、水彩用紙にマスキングを施します。

f:id:yuzublog417:20200907200951j:plain

 

①紙の周囲は7.5mm幅のテープ(赤テープ)を貼ります。

7.5mm幅がなければ、通常のサイズ15mm幅のものでテープ幅の半分が紙を覆うくらいを目安に貼ってください。

その場合は直接画板などに(無い方は直接机に笑)貼り付けましょう。

 

②次に、15mm幅のテープで4等分にします。

紙の3箇所に15mm幅のテープ(画像では白いテープ)を貼り、窓を4つ作ります。

 

③4等分にできたら、水彩用紙を画板などに貼り付けましょう。

※①の工程で既に貼り付けている場合は飛ばします。

 

■ポイント
紙が浮かないように貼り付けましょう。
水彩用紙は水を含むと、曲がったり歪んだりします。
平らなところにピッタリ貼り付けることで、紙の歪みを防止することができるのです。
※正式なやり方は「水張り」と言います。
 
 
わたしはA3サイズのトレース台に貼り付けました。
画版持ってないです(; ・`д・´)
 

f:id:yuzublog417:20200907203225j:plain 

最後に、変化が出るように細いマスキングテープを使って模様を作ってみました。

細いテープ(5mm幅以下)をお持ちの方は、ぜひお試しください。 

 

f:id:yuzublog417:20200907204435j:plain

 

こんな感じです。
どんな風になるか楽しみですね♪

 

 

実際に絵具を塗る

 

いよいよ絵具を塗る工程に入ります。

まずは一番左の枠から塗っていきましょう。

 

f:id:yuzublog417:20200907210138j:plain

 

①平筆を使って、左の枠内全体に水を塗っていきます。

この時、まだ絵具は付けないでください。

平筆に水を含ませたら、必ず容器の淵で余分な量を落とします。

画面全体に塗り残しがないように、均等に広げて下さい。

 

f:id:yuzublog417:20200907210608j:plain

 

②丸筆を使って、好きな色を塗ります。
水を含ませた丸筆で、パレットの絵具を優しく溶かします。
※チューブから出したばかりの絵具は非常に溶けやすいので注意。
 
画面の水が乾かないうちに、絵具を含ませた丸筆で紙をそっとなぞってみてください。
色が水に溶けるように広がっていくと思います。
あまり深く考えず、思うままにやってみましょう♪
 
初めは同系色を使うと、綺麗なグラデーションになるかも。
別の色を使う前に、筆はよーく洗ってくださいね。
 
 

f:id:yuzublog417:20200907211408j:plain

 

こんな感じに仕上がりました。

一番左はランダムに。
左から2番目は縦方向を意識して。
右から2番目は円を描くように。
一番右は水平方向になるように塗ってみましたが、いかがでしょうか。
 
黄色はみかんっぽくなるかなと思ったのですが、期待薄です(笑)
 
 

乾くまで待つ

 

水彩画は乾くまでに結構時間がかかります。
辛抱強く待ちましょう。
どうしても時間がない方は、ドライヤーの弱めの温風で乾かしていただいても構いません。
その場合、乾かし方や水分量によってはムラができたりするので、ご注意ください。
 
 

マスキングテープを剥がす 

 
完全に乾いたらマスキングテープを剥がします。
急いで剥がすと紙の表面が剥がれることがありますので、なるべくゆっくり剥がすようにしてください。
 

f:id:yuzublog417:20200907212431j:plain

剥がし終わったものがこちらです。
ところどころテープの貼りが甘かったところが見受けられますが、なかなかの出来です!
 
マスキングテープで作った模様もいい感じ(^^)
個人的には緑がお気に入りですね。
 
予想していた通り、黄色はみかんの断面には見えませんが・・・。
まあ良しとしましょう(笑)
 
 

それぞれ切り離す

 
絵と絵をハサミで切り離します。
フリーハンドでも構いませんが、不安な方は定規で線を引いてから切り離しましょう。
 

f:id:yuzublog417:20200907212706j:plain

 

完成!

お疲れさまでした。

これでしおりの完成です✨

 

これぞ透明水彩

雰囲気のある作品になりましたね!

 

 

いかがでしたでしょうか。

完成する作品は人それぞれ違うと思いますが、きっと素敵な作品になったことだと思います。
 
文庫本には少し大きいサイズですが、しおりとして使ってもそのまま飾っても可愛いので、ぜひ大切になさってください。
 
 

まとめ

水彩画はなんとなく描いてもそれっぽくなるよ。

なのでまずは、楽しく描くことが一番!

技術はそのあとで良いのです(^^)

 

 

 

さて、今回はここまで。
それではまた次回お会いしましょう(^^)/